名産のものづくりを体験してみる

積極的にものづくり体験に参加して下さい

ものづくり体験は紹介したもの以外にも色々とやってみたことがあります。
名産については完成品を買うことばかりが主でしたが、実際に体験してみるとまた違った見方ができるはずです。
いざ自分でもやってみると、職人さんの技術の高さを知ることができたり、こんな風に作られているのかという裏の様子も見て楽しむことができます。
牛の乳絞り体験にしても、そこでしか味わうことができない贅沢な経験ができました。
また牛に直接触れてみることで命のありがたみを知らされましたし、間近で牛を見るのも新鮮で楽しい時間でした。
全国にはこうした体験ができるほかにも様々な取り組みが用意されています。
単に完成品に触れるだけでなく、もう一歩踏み込んで身をもって体験してみることをおすすめしたいです。
名産がなぜ名産たる存在なのかが分かると共に、見識を深めていけますので自分自身の人生の糧にもなってくれるのではないでしょうか。
実際に経験してみるということは何よりも大事だと思いますから、機会があれば積極的にものづくり体験に参加してみて下さい。

武蔵新田 多摩川七福神縁日「ものづくり市作家案内」完成!
池上のデザイン会社ユニオンワークス作。
ユニオンワークスは池上ちょい呑みフェスティバルを運営しています✨#池上線 #多摩川線 #多摩川七福神縁日 #ものづくり市 #武蔵新田ちょい呑みフェスティバル
#池上ちょい呑みフェスティバル pic.twitter.com/M7Ji8E00KA

— yasuko omiya (@LuckYasuko) 2018年3月28日

京都での清水焼体験は印象深かった | 北海道での牛の乳絞り体験も楽しかった | 積極的にものづくり体験に参加して下さい

ものづくりものつくり大学